ホーム/ 企画展/ これまでの企画展/ 2011年度 定期上映会「戦傷病者の家族が語る労苦」
これまでの企画展
前へ   次へ

定期上映会「戦傷病者の家族が語る労苦」

 

 しょうけい館が今までに制作した戦傷病者とその家族の証言映像の中から、今月は戦傷病者の苦労を支えた家族が語る映像を中心にご紹介致します。

 

■会期
平成23年5月10日(火)〜5月31日(火)

■休館日
月曜日(※月曜日が祝日の場合は翌日)

■会場
しょうけい館 1 階

■入場料
無料

■開館時間
10:00〜17:30(入館は17:00まで)

 
 

■上映

上映タイトル/所要時間
・「二人三脚、商売繁盛」
・「傷痍軍人の妻として」
・「いつも傷痍の夫を想いつづけて」
・「二人三脚で六十年余り」
・「四十四年間〜脊髄損傷の夫とともに生きぬいて〜」
・「傷痍軍人の妻として・・・」
・「ともに歩みし いばらの道」
・「感謝の心、妻にしたためて」
・「失意の時に届いた一通の手紙」
・「シベリア抑留、そして結核・・・それを支えた妻」