ホーム/ 企画展/ これまでの企画展/ 2011年度 特別上映会「シベリア抑留中の傷病体験」
これまでの企画展
前へ   次へ
 

特別上映会「シベリア抑留中の傷病体験」

 

 今月は、当館制作の映像の中から、終戦後、ソ連軍に抑留され事故や病気を負った戦傷病者の証言映像を上映します。
 上映しております証言映像は全て1階情報検索コーナーのパソコンでも自由にご覧になれます。スケジュールが合わない方はよろしければこちらをご利用下さい。なお、団体様向けには証言映像DVDの貸出も行っておりますので、こちらもぜひご利用下さい。
 また、1階の企画展示コーナーでは引き続き「武良茂(水木しげる)の人生」を展示します。

 

 

■会期
平成24年1月5日(木)〜1月31日(火)

■休館日
月曜日(祝日は開館)、1月10日

■会場
しょうけい館 1 階

■入場料
無料

■開館時間
10:00〜17:30(入館は17:00まで)

 

 

■上映

●上映プログラムA
1.シベリア珪肺を抱えながら / 17分46秒
2.抑留中に右手を失って / 19分9秒
3.極寒と酷暑の地で / 18分56秒

●上映プログラムB
1.シベリア抑留、そして結核・・・それを支えた妻 / 16分12秒
2.シベリア珪肺〜今も続く後遺症〜 / 18分59秒
3.熱砂の抑留生活 / 20分48秒