館だより
 
前の号へ   次の号へ

第24号 2008年10月1日

の記録 〜戦傷病者の写真展〜

当館1階の証言映像シアターでの上映プログラムをご案内します。
10時よりプログラムA,Bを1時間毎に交互上映(16時開始のプログラムAで終了)。
プログラムAの開始時刻→10時、12時、14時、16時
プログラムBの開始時刻→11時、13時、15時

しょうけい館 証言映像シアター

10月の上映会〜療養生活の労苦〜

2008/9/30(火)〜10/31(金)

プログラムA(約45分)
暖かい支援に支えられて(箱根療養所)9分55秒
筆舌に尽くせぬ苦しみの日々 10分2秒
受傷の労苦と葛藤を超えて(箱根療養所)9分43秒
三回の入院を乗り越えて 13分50秒
飢え、マラリア、受傷 9分53秒

プログラムB(約40分)
療養所は大きな家族(箱根療養所) 9分53秒
衛生兵ゆえの感染 11分1秒
偏見、差別、迫害 10分47秒
二度の撃沈、受傷そして発病 9分58秒


11月の上映会〜身体と心の受傷(精神的労苦)〜

2008/11/1(土)〜11/30(日)

プログラムA(約45分)
軍旗の下で・・・身体と心の受傷 9分48秒
手の代わりを腕が 10分27秒
親指が支えた人生 10分18秒
蟻地獄からの脱出 16分50秒

プログラムB(約40分)
失明の恐怖とシベリア抑留 8分36秒
見た目はなんでもないが 9分36秒
厳しい訓練も今となれば 9分44秒
赤レンガのぬくもり 13分03秒