ホーム/ 内容紹介/ DVD Vol.11
内容紹介

当館では、証言映像“戦傷病者の労苦を語り継ぐ”を収録しております。これらは、戦争で傷つき、病に倒れた多くの戦傷病者とそのご家族が体験した労苦を現在に語り継ぐ貴重な資料映像です。当館1階の証言映像シアターで約1ヶ月ごとに入れ替えて上映するとともに、情報検索コーナーでも自由に閲覧できます。
また、DVDの団体貸出も無料で行っています。お気軽にお声がけください。

>

S11−1

短歌に心を映して(14分10秒)

 昭和16年12月、中国安徽省で証言者は手榴弾により左腕に受傷する。搬送先の陸軍病院で左上腕を切断。復員後はまだ若かったので、人目を気にして義手を常に装着していたと語る。その後、傷痍軍人の職業補導所で製図の技能を修得し、作業用義手を装用して仕事に励む。一方、東京での療養中より始めた短歌に傾倒し、近年になり歌集を出版する。証言者は四季の移ろいや戦時の記憶を短歌に託す。

S11−2

ともに歩みし いばらの道ー戦傷病者の妻としてー(18分06秒)

 戦傷病者の妻の語り。昭和17年3月、中国の蕪湖での戦闘時、証言者の夫は地雷により両腕と右眼に重傷を負う。その手術は二十数回に及んだ。その後、入院中の臨時東京第一陸軍病院で証言者と見合いをし、昭和18年4月に結婚する。証言者は自らの意志で戦傷病者の妻となった。思うに任せぬ身体の夫の介助、育児、家業の手伝いと日常生活は戸惑いと苦労の連続であった。しかし、当時は若かったので、三人の子ども達とともに希望をもって生きてきたと回顧する。

S11−3

想いを絵筆に込めて(16分12秒)

 昭和19年3月、証言者はビルマで左腕を受傷する。インパール作戦の途上、トラックが急カーブで荷台の梱包物資もろとも谷底へ転落しての受傷だった。そして3〜4日を要してカロー兵站病院に到着し、手術を受けるも完治はしなかった。その後、戦況の悪化から証言者は3ヶ月を要してタイのチェンマイへ向かう。当時を「死を覚悟して生きていたから辛いとは思わなかった」と振り返る。また、ビルマでの体験からは前向きな姿勢の重要さを学び、生きるうえで励みになったと回顧する。なお、戦場体験は近年スケッチとして描かれている。

S11−4

不安と葛藤を乗り越えて(17分57秒)

 昭和20年2月、証言者は中国の徐州で列車への空爆により、頭部から顔面にかけて受傷する。搬送先の南京の陸軍病院で、両眼に巻かれた包帯を徐々に外し、光が見えた時の嬉しさは忘れられないと語る。一方、戦後に眼の不調を覚えた際、失明したら死のうと思ったとのこと。夫人ともども、傷痍軍人会等の役員を務める機会が証言者は多かった。眼が見えた時の喜びが何よりだったから、皆が大事にしてくれるから、それゆえに自分もまた人のために尽くすのであると語る。