ホーム/ 内容紹介/ DVD Vol.13
内容紹介

当館では、証言映像“戦傷病者の労苦を語り継ぐ”を収録しております。これらは、戦争で傷つき、病に倒れた多くの戦傷病者とそのご家族が体験した労苦を現在に語り継ぐ貴重な資料映像です。当館1階の証言映像シアターで約1ヶ月ごとに入れ替えて上映するとともに、情報検索コーナーでも自由に閲覧できます。
また、DVDの団体貸出も無料で行っています。お気軽にお声がけください。

>

S13−1

いつか花咲く日まで(19分5秒)

 昭和19年6月8日、結婚1か月後、臨時召集された証言者は、独立自動車第三一九中隊に配属。バシー海峡をわたり、フィリピンのマニラへ。昭和20年8月1日、ルソン島マヨヤオの戦闘で、手榴弾の破片が左臀部を直撃。同年10月5日、米軍へ投降。戦後は、重労働がたたり傷口が悪化して二度にわたり手術を受けた。妻は夫の母親に「今は苦労しているけど、いつかは花咲いてきれいな桜の花が見られるから、がんばれ」と励まされて、家族で労苦を乗り越えた。

S13−2

生まれ育った故郷(ふるさと)に恩返し(14分17秒)

 昭和17年12月8日、独立混成第三旅団歩兵第七大隊第一中隊に編入。証言者が戦地で書いた遺書は、60数年経過した現在でもそらんじられるという。昭和19年9月12日、中国山西省忻県で右腕に銃撃を受けた。昭和21年5月、故郷に戻り結婚し、農業を継いだ。利き腕である右腕の傷が痛むために、妻に真綿を巻いてもらい、戦後の厳しい時代を切り抜けた。現在では、隈戸川ひまわりの植樹など、自分が生まれ育った故郷へ恩返しをしている。

S13−3

負けない!これぐらいの傷(21分00秒)

 昭和17年1月20日、証言者は現役兵として独立山砲兵第五十一大隊第二中隊に入隊。昭和18年11月20日、中国湖南省慈利県で、左腕に銃撃を受けた。傷口から膿がとまらず、内地還送を二度言われたが、「これぐらいの傷で内地に帰りたくない。部隊長に、『治ったら必ず帰ってこい』と言われた。」と断った。まだ農機具が機械化されていない戦後、稲刈りなどの農作業は左腕の傷は大きな障害になった。働き者の妻が、左腕に後遺症を抱える夫を支え続けた。

S13−4

義足と妻に支えられて(23分35秒)

 昭和14年3月、山砲兵第三十三聯隊第六中隊に転属。昭和16年5月8日、中原会戦に参加中、山西省曲沃県で受傷。臨汾の陸軍病院で右足の切断手術を受けた。内地還送となり、臨時東京第一陸軍病院で8ヶ月にわたる療養生活が始まった。戦後、足が不自由な夫とともに、妻も精一杯に働いた。証言者にとって人生で一番嬉しかったのは、自動車免許取得であった。次女は、様々な苦労を乗り越えた両親を、人生の目標として子供たちに語られるという。

S13−5

二人三脚、商売繁盛(21分52秒)

 昭和17年1月、南鳥島警備隊(海軍)に編入。昭和20年5月9日、大型米軍機による爆撃にあい受傷。島の医務室で左手と右足の切断手術を受けた。昭和21年4月、国立東京第二病院を退院して故郷に戻り、以前働いていた小間物屋商店に再就職。自転車に乗れるように練習して配達できるまでになった。一生懸命に商売に励み、念願の化粧品店を開店した。傷痍軍人であることを知りながら結婚した妻とともに、二人三脚で歩み続けた証言者は感謝している。