ホーム/ 内容紹介/ DVD Vol.15
内容紹介

当館では、証言映像“戦傷病者の労苦を語り継ぐ”を収録しております。これらは、戦争で傷つき、病に倒れた多くの戦傷病者とそのご家族が体験した労苦を現在に語り継ぐ貴重な資料映像です。当館1階の証言映像シアターで約1ヶ月ごとに入れ替えて上映するとともに、情報検索コーナーでも自由に閲覧できます。
また、DVDの団体貸出も無料で行っています。お気軽にお声がけください。

>

S15−1

感謝の心、妻にしたためて(22分47秒)

 戦傷病者の妻の語り。昭和15年4月、証言者の夫は中国浙江省で頭部に銃弾を受ける。初年兵に自分の鉄兜を貸した、その瞬間の出来事であった。内地還送後、東京で療養中に看護婦をしていた証言者と出会い、故郷の新潟で結婚する。そしてこの間、妻や子ども達の支えのもとで高校の講師を務め、会社の経営にあたる。しかし、左半身の麻痺と度々起きるてんかんの発作に苦しめられた。後年、遺品より見出された書面は妻あての遺言であり、そこには深い感謝の念がしたためられていた。

S15−2

戦友への想い、詩文に託して(19分15秒)

  昭和20年8月17日、証言者は所属部隊全員による自爆により、火傷と全身打撲の重傷を負い、臨死体験もした。朝鮮北部、ソ連に備えての堅固な陣地でのことだった。奇跡的に命をとりとめ、21年10月にようやく内地還送となるも、顔には火傷の跡が残り、耳や足にも障害が残った。その後、商人となる夢は諦めたが内勤のできる役場に勤めることとなった。しかし、ともに自爆し、亡くなった戦友のことは一日たりとも忘れたことは無く、尽きぬ想いを自作の詩文に託す。

S15−3

意思あるところ道あり(19分29秒)

 昭和17年3月、軽装甲車の操縦士として戦場に出た証言者は、敵弾により顔面に受傷し、左眼の失明に至る。ジャワ島での敵前上陸作戦時のことだった。内地還送後、療養を続け、戦後は永らく役場勤務を続ける。常に前向きの心を持って生きてきた証言者は、郷土への恩返しのため、献血運動の促進やボランティア活動など、様々な社会貢献を果たして今に至る。挑戦することは喜びであると語る。

S15−4

失意の時に届いた一通の手紙(16分57秒)

 戦傷病者の妻の語り。昭和14年9月、証言者の夫は中国湖南省の戦場で右腕に銃弾を受ける。その一週間後、野戦病院へ運び込まれた。しかし、既に患部はガス壊疽(えそ)に蝕まれており、切断を余儀なくされた。内地還送後、師範学校に在学中の恩師(校長)から一通の手紙を受け取る。そこには傷痍の克服を祈る励ましの言葉が記されていた。この手紙に一筋の光明を見出し、その後は左手で字を書くことに精励する。