ホーム/ 内容紹介/ DVD Vol.5
内容紹介

当館では、証言映像“戦傷病者の労苦を語り継ぐ”を収録しております。これらは、戦争で傷つき、病に倒れた多くの戦傷病者とそのご家族が体験した労苦を現在に語り継ぐ貴重な資料映像です。当館1階の証言映像シアターで約1ヶ月ごとに入れ替えて上映するとともに、情報検索コーナーでも自由に閲覧できます。
また、DVDの団体貸出も無料で行っています。お気軽にお声がけください。

>

S5−1

父のまなざし(14分27秒)

 傷痍軍人を父に持つ娘の語り。昭和14年4月、中国山西省での戦闘で父は負傷。顔面に手榴弾の破片を受け、両眼失明だった。復員後、妻の助けを得て故郷で農業を営む。その父が自らの心根を語ったのは娘の結婚式の日だった。「三人の子ども達の顔がやはり一度は見たかった」と。そのとき、周囲は沈黙に包まれたという。

S5−2

支えられた歩み(14分52秒)

 昭和20年3月、ソ満国境警備の任にあった証言者は、暗夜の輸送作業中に列車事故に遭遇。両足切断の重傷を負う。満洲の陸軍病院で終戦を迎え、ソ連軍に抑留されるも重傷ゆえに解放。翌21年8月の復員後、父親の助言で修理技術を習得し、後に郷里に時計店を開業する。この自らの生きる道の発見とは別に、身障者の自立更生にも心を砕き、活動にあたってはステッキを片手に奔走する。時を重ね、ステッキを松葉杖に持ち替えたが、その歩みには今も変わりはない。

S5−3

遙かなる故郷 (13分47秒)

 昭和19年2月の入隊後、ソ満国境地帯の警備につく。20年8月13日に至り、ソ連軍との激戦のなか銃撃により左手首を負傷。それでも本隊との合流を目指し山野を進む。 しかし9月3日、ソ連軍に抑留されシベリアへ。収容所では、厳しい強制労働のもと多くの戦友の死に直面したという。21年12月、復員。その後は出征前と同じく炭鉱で働いた。

S5−4

平和の光を見つめて(13分46秒)

 弱冠16歳で志願の入隊を果たした少年は昭和20年1月、満洲へと出征する。その後、実戦を経験することなく終戦。そして翌21年1月、中国の金州での強制労働中の事故により、右眼の視力を失う。復員後、その苦悩を察した父親の紹介で就職。そこに、障害を克服して生きる道を見出す。そして現在、平和の語りべとして生きる姿がここにある。

S5−5

赤レンガのぬくもり(13分03秒)

 臨時召集により出征した中国山西省で、機関銃弾を利き腕に受ける。昭和16年4月のこと。内地還送後の神経手術も実らず、これもまた運命と、左手一本で生きる道を悟る。そして、念願の職場復帰。しかし、自らの夢の実現とは別に障害者への思いがあった。戦後、自らの意思でリハビリ施設に職場を転じ、退職まで障害者の社会復帰に尽力する。