ホーム/ 内容紹介/ DVD Vol.14
内容紹介

当館では、証言映像“戦傷病者の労苦を語り継ぐ”を収録しております。これらは、戦争で傷つき、病に倒れた多くの戦傷病者とそのご家族が体験した労苦を現在に語り継ぐ貴重な資料映像です。当館1階の証言映像シアターで約1ヶ月ごとに入れ替えて上映するとともに、情報検索コーナーでも自由に閲覧できます。
また、DVDの団体貸出も無料で行っています。お気軽にお声がけください。

>

S14−1

歌声に祈りをこめて(22分57秒)

 昭和16年3月に音楽学校を卒業してから一年余り音楽教師をした後、昭和17年1月に陸軍に入隊。満洲の部隊に配属されるが、その年の秋、右足を負傷。しばらく療養してから、日本の病院に送られる。入院中の病院で、療友とともに患者を慰安するため演芸会を開催。退院後も当時の国策団体であった大政翼賛会の指示のもと、学校時代の仲間とともに全国の病院や学校、軍隊へ慰問にまわる。慰問先の病院で体験したつらい想い出を語る。