9
館だより
 
前の号へ   次の号へ

第239号 2022年1月5日号

新年のご挨拶

 

 新年あけましておめでとうございます。
 皆様におかれましては、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 しょうけい館(戦傷病者史料館)は今年、開館16年目を迎えることになりました。皆様の暖かいご支援、ご協力を賜りながら事業を進めてこられましたことを、心より厚く御礼申し上げます。

 昨年は、長引く新型コロナウィルス感染症の影響により、当館においても4月下旬から5月末までの期間で臨時休館や春の企画展中止などがございました。それでも、夏の企画展や秋の地方展の開催、そして団体見学の受入れ再開など、徐々にではありますが館の運営も平常を取り戻しつつあります。
 今年は、春夏の企画展のみならずミニ展示や証言映像の上映会などにも収蔵品をできる限り展示することや、自宅や職場からでも当館のことを知っていただけるように、ホームページでの情報提供にもさらに力を入れていきたいと思っております。また、新たにフィルム映像の閲覧機能を情報検索システムへ追加し、機能面の強化を図りたいと考えております。

 開館以来私たちが持ち続けてきた、戦傷病者とそのご家族等が戦中・戦後に体験したさまざまな労苦を後世代の人々に継承していく使命は変わることはありません。感染症拡大防止に努めるなど、時局を読んだ新たな取組みを加えつつ、地道で着実な活動を続けてまいります。

 今年も皆様のご来館を心よりお待ちしております。

〈しょうけい館 職員一同〉